山代温泉の夜

ブログ「黒部・立山の思い出」に書いたように、8日は全互連第58回総会のオプション観光で黒部・立山アルペンルートを観光しました。夕方、石川県の山代温泉を代表する名旅館である「たちばな四季亭」に到着しました。地元ということで、わがサンレー北陸のスタッフも多数迎えてくれました。


懇親会の看板



旅館到着は17時半過ぎでしたが、18時半から宴会が開始されるので、慌てて温泉に入りました。そして浴衣に着替えると、大宴会場へ向かいました。そこでゴルフ組と合流。
前夜に引き続いて、全互連の仲間との懇親を深めました。


冒頭、会長として挨拶しました



懇親会の冒頭、会長であるわたしが挨拶しました。
わたしはまず、「今日はお疲れ様でございました。天候に恵まれて、ゴルフ組も観光組も良い一日になったことと思います」と述べました。



それから、わたしは「全互連といえば、『親睦と友和』ですが、それを一番強く意識するのが総会二日目の夜です。気の置けない仲間とともに裸になって風呂に入って、浴衣を着て酔っ払って語り合う。これほど濃い『親睦と友和』の時間が他にあるでしょうか! 今夜も大いに楽しい夜をお過ごし下さい」と述べました。



そして最後に「今回は、中部ブロックのみなさんに大変お世話になり、特にオークスさんにはひとかたならぬお世話になりました。『富山にオークスあり!』ということはよく知られていますが、今回はその真髄を知ることができました。そして、ここは石川県。わがサンレーのお膝元でございます。わが社の社員もたくさん来ております。なんなりとお申し付け下さいませ」と言って、挨拶を終えました。


女将の挨拶がありました



それから山下副会長の音頭で乾杯し、懇親会が開始されました。
わたしはまず、各テーブルを回って、みなさんにお酌をさせていただきました。「今日はお疲れ様でした。今後とも、よろしくお願いいたします」と言いながら、お酒をお注ぎすると、みなさんから「だんだん佐久間会長のカラーが出てきましたね」とか「昨日の総会での挨拶は良かったですね」などと言われ、感激しました。また、わたしのブログを読まれている方が多く、その話題になりました。互助会の社長さんの奥様方が読まれていることには驚きました。やはり、嬉しいものですね。



懇親会の最後は、オークスの奥野社長から中締めの御挨拶をいただきました。
奥野社長にお会いするのは本当に久しぶりだったのですが、互助会という事業に対する想いと誇りに満ちた素晴らしい御挨拶で感銘を受けました。その後、なんと五本締め(!)で懇親会はお開きとなりました。


二次会で「まつり」を歌いました♪



その後は、ラウンジで二次会が開催されました。
カラオケも用意されており、みなさんに続いて、わたしも歌いました。
最初は矢沢永吉のナンバーでも歌おうかと思いましたが、函館の金沢社長のお顔が見えたので、ブログ「北島三郎記念館」に書いたときの興奮が蘇ってきました。わたしは「永ちゃんを超えるのは、もうサブちゃんしかいない!」と思い、覚悟を決めて「まつり」を歌いました。


魂を込めて歌いました♪



最後は「これが日本の祭り〜だ〜よ〜♪」という歌詞を「これが全互連の祭り〜だ〜よ〜♪」
おかげさまで大いに盛り上がりましたが、歌い終えた後、ラウンジで聴いていたマリエールオークパイン小松の伊藤支配人から「昔、ある人がよくこの歌を歌っていました。でも、今日の社長の歌のほうがずっと良かったです。わたしは胸が熱くなりました」と目に涙を溜めながら言ってくれました。それを聞いたわたしの胸も熱くなりました。
また、神戸の兼松会長からは「佐久間会長のノリは、阪神タイガースの熱狂的なファンみたいやね」という有難い(?)お言葉を頂戴しました。俺はトラキチなのか?



夜も更けて宴は大いに盛り上がり、みなさん2曲目を歌う方が増えてきました。
互助会業界で「カラオケの達人」として知られる名古屋の田代社長や三重の松嶌社長などは何曲も歌っていました。最後に、わたしは桑田佳祐の「祭りのあと」を歌いました。
「まつり」の後は、「祭りのあと」に決まっているではないですか!
気づくと、いつの間にか松嶌社長が横に来て一緒に歌っていました。(笑)
松嶌社長は新しい全互連の専務理事です。専務理事といえば会長の女房役です。松嶌専務理事は早稲田の後輩でもあり、大いに期待しています!
というわけで、年に一度の全互連の「祭り」は終わりました。



二次会の中締めをしたのは、静岡の杉山社長でした。
杉山社長は、新しい全互連の副会長です。大いに期待しています!
杉山副会長の力強い挨拶で、二次会は無事に終了しました。
しかし、「本当の締めはラーメンでしょ」という一言で、わたしたちは有志一同で旅館の外にあるお店に繰り出し、味噌ラーメンや餃子、かに玉、チャーハンなどを分け合って食べたのでございます。そのラーメン店にはなぜか矢沢永吉のポスターが貼ってあり、「なぜ今夜は俺の歌を歌わなかったんだ!」と永ちゃんから責められているような気がしました。そんなこんなで、同志たちとの有意義で楽しい夜は更けていきました。



*よろしければ、「一条真也の新ハートフル・ブログ」もどうぞ。



2016年6月9日 佐久間庸和