互助会保証役員会

東京に来ています。
24日は、ブログ「『COMS虎ノ門』完成!」で紹介した新しいビルを訪れました。
オフィス街である西新橋の中でも堂々たる偉容を示しています。
今日は、15時15分から互助会保証の監査役会、16時から取締役会に参加しました。


COMS虎ノ門の偉容



取締役会の終了後は、近くの「えひめ宇和島かどや虎ノ門」で懇親会が開かれました。
最初は、互助会保証の藤島社長の御挨拶がありました。
それから、互助会保証の吉田会長(メモリード社長)の乾杯の音頭で開宴しました。



いくつかのテーブルに分かれましたが、わたしは冠婚葬祭総合研究所の寺坂社長の向かいの席に座らせていただきました。臨席の互助会保証の方が小生のブログを毎日読んでおられるそうで、ブログ『外国人レスラー最強列伝』で紹介した本のことが話題になりました。その方が「意外ですね! 佐久間社長はプロレスがお好きなのですか?」と言われるので、わたしは「好きですよ。格闘技というよりも儀式としてのプロレスに関心があります」と申し上げました。


外国人レスラー最強列伝 (文春新書)

外国人レスラー最強列伝 (文春新書)

それから、わがテーブルはプロレスの話題で大いに盛り上がりました。わたしは「ああ、男の子はみんなプロレスが好きなのだな」と思いました。寺坂社長は学生時代は大のプロレス・ファンで、アンドレ・ザ・ジャイアントハルク・ホーガンミル・マスカラスが好きだったそうです。
また、寺坂社長の親友はなんと東大にプロレス研究会を創設された方で、寺坂社長に「卍固め」からの逃げ方を伝授してくれたとか。さらには、寺坂社長は宇和島のご出身とのことで、名物の「じゃこ天」について色々と教えていただきました。



山下取締役(117社長)とも、業界の諸問題について意見交換させていただきました。また、この夜も業界の大先輩の方々から御指導いただきました。貴重なアドバイスの数々、ありがたいです。いつもながらに、非常に有意義な時間を過ごすことができました。最後は、互助会保証の神田取締役(日本セレモニー会長)の中締めの挨拶の後、万歳三唱で幕を閉じました。



*よろしければ、「一条真也の新ハートフル・ブログ」もどうぞ。



2016年2月25日 佐久間庸和